keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
居酒屋からのワンナイトラブ
出会い体験談

居酒屋からのワンナイトラブ

その日は、1人だったし誘う友人もいなくて、何だか美味しいものを食べに行きたいんだけど、どうしようかと迷っていた。
思い切って、1人で居酒屋さんへ、カウンターに座りました。
いつものマスターがいて、美味しいもの食べながら、ちょっと日本酒を飲んでいた。
隣に2人組の男性が座りました。
パイロットで機長と副操縦士で、今日はこちらにステイだとか話をしていた。
楽しい会話に、話しかけられたのがきっかけで一緒に呑むことになって、二次会にBARへ行きました。
副操縦士は、明日のフライトが機長よりも早いとかで先に帰りました。
機長さんは、楽しくて気さくで、いつの間にか飲みすぎてました。
気づいたら機長さんのホテルの部屋だった。
こんなことと思う気持ちと、抱かれてみたいという気持ちがありました。
ゆっくりお風呂に入れば気分が変わるかと、お風呂に入ってあがったとたんに、熱いキス…。
もう頭がクラクラして、久しぶりの熱いキス。
こんなこといけないと思う気持ちともうどうにでもなって欲しいという気持ちが重なる。
セフレの唇が首筋から胸にうつって、もう立っていられず、ベッドイン。
お互いあまり詳しく自分のことを話してない分、激しくもとめあう。
こんなにも熱い夜は、いつ以来なんだろうと思う。
居酒屋でこんな出会いがあるなんて、考えてもみなかった。
どうにでもしてほしい気持ちがあり、乱れてしまった。
電話番号も連絡先も聞くことがなく、朝は別れた。
もう連絡がとれなくても、全く後悔はしていない。
あの出会いは、衝撃的で官能的であった。
女に生まれてきて、このような出会いがあって一夜のアバンチュールだったけれど、大人の愛しかたができたのだと思いました。
今でも思い出すと哀しくなるより、熱くなるのは、愛ではないかと思う。

関連記事

    None Found